役に立たない銅版画#4- 古屋郁 -

ホーム お役立ち情報
古屋郁さんによる銅版画エッセイの第4回目。今回は、銅版画に使う道具をわかりやすくアイドルのポジションに見立てて説明していただきます!古屋さんからのお知らせもございますので、最後まで是非ご拝読下さいませ。

このエッセイには銅版画のことしか書いていません。「銅版画ってなに?」という方は#1をお読みいただけたら、すこし興味を持っていただけるかもしれないです。今回は”推し銅版画道具”について。

*

この間バイト先で「いちばん好きな道具はなんですか?」と聞かれました。その方は指貫がいちばん好きで、最近は革製品を作る友達のところで見た皮なめし道具達が気になっている、と仰っていました。初めて聞かれたのでちょっと考えましたが、銅版画で使うルーレットが好き、と言うことにしました。どの専門分野でもそれがないと仕事にならない特殊な道具があると思います。用途が限られた道具ほど値段が高くて、銅の板にぶつぶつの傷をつけるためだけの道具が8000円とかします。そんなもの誰が買うんですかね、奇妙です。
アイドルのオーディション番組を見るのが好きなので、銅版画道具の中からセンター・メインボーカル・メインダンサー・ラッパー・ビジュアルを選んで、サバイバルを勝ち抜いた道具系アイドルをつくって紹介しようと思います。グループ名は『copper≒copper』。copperは銅、由来は画材屋で売ってる銅板とホームセンターで売ってる銅板の違いが分からないことです。”Dohan工房 ”と悩みましたが、メンバーを増やしてプレス機やコンプレッサーも入れた方が良いので却下しました。ついでにファンネームは『ハーネミューレ』で、ハーネミューレとは刷りが失敗しにくく版画家にやさしい紙の名前です。

銅版画知ってる広く浅くアイドル好きの人にしか伝わらない、、

copper≒copper



*

オーディション番組って残酷です。才能の優劣が明確に分かり、はっきり「君はいらない」と言われるところを世界中に見られるなんて。番組に出てるのだからその時点でもう十分すごい人だと思うのですが、その中でも際立って魅力のある人はいます。圧倒的な才能を持つ人はやっぱり特別で、歌やダンスが好きでいくら頑張っても差が見えちゃう。人気とか周りとのバランスとかプロデューサーの好みとか、才能以外にもいろんな条件が噛み合った数人しか報われない現実に振り落とされそうでも、どうにか生きていくしかないオーディション参加者達に感情移入して、ゆっくり首を絞められていくような感じがします。でも好きな事なら評価を受けるのを避けて続けていくこともできますね。アニメ「うらみちお兄さん」のきょうのうた『得手不得手』が心に沁みます。

*

きょうのどうはんが


技法/エッチング, アクアチント
サイズ/26×18cm
制作年/2014



清里で見た変な窓枠のパターンを描きました。線と点は全部ニードルの仕事で、端っこを綺麗にするのに少しだけバニッシャーが活躍してます。ルーレットもムーレットも金属バサミも、使われていません。

【展示のお知らせ】


グループ展に参加します。会場で販売予定の同人誌に文章も書いています。
銅版画ではなくアクリルペインティングの出品ですが、お近くの方はよかったら覗いてみて下さい。

日本文化をめぐる4つの展覧会 第3回
トミノ見えざる手

11月6日(土)−11月27日(土)
12時~19時 日月祝休廊

出展作家: 五島一浩、古屋郁、吉田山、吉田有紀
寄稿: 茂田有徳、村雨ケンジ他
場所: eitoeiko
〒162-0805
東京都新宿区矢来町32-2
www.eitoeiko.com







クラウドファンティングを立ち上げたい方はコチラから



その他、掲載中の記事は ↓コチラ↓ から

#Musician  #Fashion  #Photographer  #Novel  #Pictorial

#コンペ特集  #お役立ち情報  #スタッフブログ





Author Profile
古屋郁
1991年生まれ。
武蔵野美術大学大学院版画コース修了。
ヴィルニュス芸術アカデミー(リトアニア)でグラフィックアートを1年間学ぶ。
銅版画を中心に、生物をモチーフにした制作を行う。

この記事に関連するコンテンツ

役に立たない銅版画 #1

第一回BUNCAColumnライター募集に応募いただいた古屋郁さんに彼女自身が制作活動を行っている銅版画に関してエッセイをご執筆いただきました。是非ご覧くださいませ。

役に立たない銅版画#2

銅版画についてお役立ち記事を書いてくださった古屋郁さんが新に記事を書いてくれました。今回第二回目のエッセイでは銅版画とは一体何か、そしてその作り方とプロセスを丁寧にまとめたものとなります。是非ご覧...

役に立たない銅版画#3

古屋郁さんによる銅版画エッセイの3回目。今回は「隠キャと名銅版画」をテーマにご執筆いただきました。文末には#2で銅版画の作り方をレクシャーいただいた「さくらちゃん」の完成版も!是非ご拝読下さいませ。
役に立たない銅版画#4 - 古屋郁 -
column
Novel

「NOVELS WARS」 #20- 嶽本野ばら -

作家:嶽本野ばら先生による小説家講座「NOVELS WARS」番外編!「がんばれ太宰くん#7」。三島由紀夫の提案を受け、戻ってくる約束をした太宰...
Musician

No Shortcuts Vol.12- 松下マサナオ -

「No Shortcuts」 第12回目は、Yasei Collectiveを始め、日本の音楽業界の最前線を走るドラマー・松下マサナオさんと、ライブハウスの店長と...
Novel

「NOVELS WARS」 #19- 嶽本野ばら -

作家:嶽本野ばら先生による小説家講座「NOVELS WARS」番外編!「がんばれ太宰くん#6」。吾妻橋で罵声を浴びせられる太宰。そこに、白馬にま...
column
column
Staffblog

私、阪口と申します!#5- BUNCA阪口 -

BUNCA立ち上げメンバーの一人である阪口のこれまでを描いたスペクタクル大長編エッセイ、ここに開幕です。第四章「サイトオープン編②」。無事...
Staffblog

私、阪口と申します!#4- BUNCA阪口 -

BUNCA立ち上げメンバーの一人である阪口のこれまでを描いたスペクタクル大長編エッセイ、ここに開幕です。第四章「サイトオープン編①」。コラ...
Staffblog

私、阪口と申します!#3- BUNCA阪口 -

BUNCA立ち上げメンバーの一人である阪口のこれまでを描いたスペクタクル大長編エッセイ、ここに開幕です。第三章「WEBのお仕事は営業から②」...

『BUNCA』はクリエイター/芸術家を応援する
WEBメディアサイトです。

×
keyboard_return