文化(BUNCA)の破壊と創造3- 西島大介(Daisuke Nishijima) -

ホーム Pictrial
マンガ家・西島大介さんが設立した個人電子出版レーベル「島島」。出版に限らず多くの「文化的表現」が危機を迎える中、創造性を維持したままサヴァイヴする方法を模索する全3回のマンガ連載。現在制作中という『世界の終わりの魔法使い5』の主人公たちがナビゲートします!

というわけで、今回はクラウドファンディングではなく、「メディア芸術クリエイター育成支援事業」という文化庁の助成にサポートしてもらうことになりました。現代アート、演劇、ゲームなどと並びマンガも対象になっている公募ですが、マンガ家でそれに気づいている人は少ない気がします。文化庁メディア芸術祭に入賞か入選していることが応募資格となります。僕は当初シンプルに「制作予算の援助」と考えていましたが、せっかくの企画を広く公共化するべく、原稿制作や電子配信以外にも様々な試みをしていく予定です。また、マンガの中の「刊行決定」とは「電子刊行決定」という意味です。

https://creatorikusei.jp/?p=5590″

https://natalie.mu/comic/news/354577″

電子書籍はいいけれど、リアルが寂しい。というわけで、読者の皆さんへの定期報告として『せかまほ5』を1話ずつ自主刊行する「私家版」の制作や、ボードゲームの制作、お渡し会やファンミーティングなど、電子書籍の代わりに現実世界を埋めるための企画を考え中です。ぜひフォローしてください。ご愛読ありがとうございました。


(西島大介)



文化(BUNCA)の破壊と創造1」を読む

文化(BUNCA)の破壊と創造2」を読む







クラウドファンティングを立ち上げたい方はコチラから



その他、掲載中の記事は ↓コチラ↓ から

#Musician  #Fashion  #Photographer  #Novel  #Pictorial

#コンペ特集  #お役立ち情報  #スタッフブログ





Author Profile
西島大介(Daisuke Nishijima)
マンガ家。

2004年に描き下ろし単行本『凹村戦争』でデビュー。

代表作にベトナム戦争を描いた長編『ディエンビエンフー』『ディエンビエンフー TRUE END』、ファンタジー・シリーズ『世界の終わりの魔法使い』、絵本的で寓話性を持つ『すべてがちょっとずつ優しい世界』などがある。



2020年個人電子出版レーベル「島島」を設立。自作IPの管理と運用を自ら行う。文化庁の支援を受け『世界の終わりの魔法使い5』を制作中。
文化(BUNCA)の破壊と創造3 - 西島大介(Daisuke Nishijima) -
column
Novel

「NOVELS WARS」 #13- 嶽本野ばら -

「ここで、読者への挑戦状——と坂口安吾ふうに」嶽本野ばら先生の作家志望者への小説教室、待望の第13回目が公開です!文末に野ばら先生から素...
Novel

私達、癒し課に配属されました ~最終回 サクレ、まよ入社~- 小早川真樹 -

猫が社員として在籍する「癒し課」のある印刷会社、しまや出版。代表取締役を務める小早川さんに「サクレ、まよ入社」についてコラムをご執筆...
Novel

私達、癒し課に配属されました ~その③ ちくわと4兄弟~- 小早川真樹 -

猫が社員として在籍する「癒し課」のある印刷会社、しまや出版。代表取締役を務める小早川さんに「ちくわと4兄弟」についてコラムをご執筆い...
column
column
Staffblog

クラウドファンディング終了と開始のお知らせ!- BUNCA -

12月から開催されたクラウドファンディングのプロジェクトが無事終了いたしました!豊さんのプロジェクトはもちろん目標を大きく上回り、BUNC...
Staffblog

NEW BUNCA OPEN!!!- BUNCA -

BUNCAのHPがリニューアルオープン!SNS機能として簡単にクリエイターの情報を共有できるようになりました。会員登録がまだお済みでない方は、...
Staffblog

BUNCAより皆様へリニューアルに関するお知らせ- BUNCA -

BUNCA統括ディレクターの阪口(♂)から大切な皆様へHPの大幅なリニューアルに関するお知らせとなります。しかも今回はその第一弾!ということは...

『BUNCA』はクリエイター/芸術家を応援する
WEBメディアサイトです。

×
keyboard_return