文化(BUNCA)の破壊と創造3- 西島大介(Daisuke Nishijima) -

ホーム Pictrial
マンガ家・西島大介さんが設立した個人電子出版レーベル「島島」。出版に限らず多くの「文化的表現」が危機を迎える中、創造性を維持したままサヴァイヴする方法を模索する全3回のマンガ連載。現在制作中という『世界の終わりの魔法使い5』の主人公たちがナビゲートします!

というわけで、今回はクラウドファンディングではなく、「メディア芸術クリエイター育成支援事業」という文化庁の助成にサポートしてもらうことになりました。現代アート、演劇、ゲームなどと並びマンガも対象になっている公募ですが、マンガ家でそれに気づいている人は少ない気がします。文化庁メディア芸術祭に入賞か入選していることが応募資格となります。僕は当初シンプルに「制作予算の援助」と考えていましたが、せっかくの企画を広く公共化するべく、原稿制作や電子配信以外にも様々な試みをしていく予定です。また、マンガの中の「刊行決定」とは「電子刊行決定」という意味です。

https://creatorikusei.jp/?p=5590″

https://natalie.mu/comic/news/354577″

電子書籍はいいけれど、リアルが寂しい。というわけで、読者の皆さんへの定期報告として『せかまほ5』を1話ずつ自主刊行する「私家版」の制作や、ボードゲームの制作、お渡し会やファンミーティングなど、電子書籍の代わりに現実世界を埋めるための企画を考え中です。ぜひフォローしてください。ご愛読ありがとうございました。


(西島大介)



文化(BUNCA)の破壊と創造1」を読む

文化(BUNCA)の破壊と創造2」を読む







クラウドファンティングを立ち上げたい方はコチラから



その他、掲載中の記事は ↓コチラ↓ から

#Musician  #Fashion  #Photographer  #Novel  #Pictorial

#コンペ特集  #お役立ち情報  #スタッフブログ





Author Profile
西島大介(Daisuke Nishijima)
マンガ家。

2004年に描き下ろし単行本『凹村戦争』でデビュー。

代表作にベトナム戦争を描いた長編『ディエンビエンフー』『ディエンビエンフー TRUE END』、ファンタジー・シリーズ『世界の終わりの魔法使い』、絵本的で寓話性を持つ『すべてがちょっとずつ優しい世界』などがある。



2020年個人電子出版レーベル「島島」を設立。自作IPの管理と運用を自ら行う。文化庁の支援を受け『世界の終わりの魔法使い5』を制作中。
文化(BUNCA)の破壊と創造3 - 西島大介(Daisuke Nishijima) -
column
Novel

「NOVELS WARS」 #6- 嶽本野ばら -

今からだって遅くないぞ。お前さえその気になれば、小説家だってなんだってやれるチャンスはいくらでもあるんだ。お待ちかね!嶽本野ばら先生...
Musician

No Shortcuts Vol.4- 松下マサナオ -

Yasei Collectiveのドラマーを始め、様々なミュージシャンのサポートなどを務める松下マサナオさんの対談連載4回目!コロナウイルス感染拡大...
Photographer

文化財と写真技師- 佐々木 香輔 -

仏像、美術品、文化財の写真家 佐々木 香輔氏。 冒頭から「文化財という言葉を積極的に好きになれない。」その理由とは?10年以上にも渡る活...
column
Staffblog

BUNCA祭り、連続コンペ!「あなたの好きなもの」- MAI TAKAHASHI -

BUNCAのアシスタント 高橋です!SNSにて開催しているBUNCA祭り、まだまだ続きます!今回はBUNCA公式サイトからも!沢山のご応募お待ちしてお...
Staffblog

小説コンペの募集を締め切りました。- BUNCA -

小説コンペ、募集を締め切りました。お陰様で想像以上のご応募を頂き、審査員一同嬉しい悲鳴をあげております。これより審査に入らせて頂くの...
Staffblog

小説コンペの締め切りが迫ってまいりました。- BUNCA -

小説コンペ締め切り間近です!「ちょっと挑戦してみようかな」と思い立った時にその場で始められるのが小説の良いところ。この冬は新しいこと...

『BUNCA』はクリエイター/芸術家を応援する
WEBメディアサイトです。