ミュージシャン、かせきさいだぁ氏。自宅の寝具はなんと寝袋。これはもう素直に「なんで!?」と思わずにはいられない。そして読み終わった方の感想は「自分も寝袋で寝てみたい」が8割を占めると予想する。さてあなたはどうだろうか。

かれこれ一年半、寝袋で寝ている。
いわゆる寝袋男子だ(そんな言葉があるのか知らないが…)。
布団ももう捨てた。

そもそも
「布団って干すのがしんどい…つーか寝るためにこんなごついもん必要?」
と、前々から思ったりしていた。いや、もちろん布団、好きですよ。大好き、お布団!でも『ごっつい』じゃない?お布団さんって。

あと洋画とか観てると、アメリカの子供が友達の家に泊まりに行くと寝袋持参してたりする。スヌーピーのアニメとかでも子供達がサマーキャンプに行ったりとかで、「寝袋で寝る」ことに憧れがあった。なんかステキ。

それらの想いがついに合体して
「今日は寝袋で寝てみるか!」
となった。それが一昨年の12月。

自分は人に指摘されて気がついたんだけど、何か気になったらそのことで頭がいっぱいになり、居ても立っても居られなくなる。そんなことみんなも当たり前だと思って過ごしてきて、これまで何人かにそのことを指摘され「アレ?俺ってちょっとおかしいのかな?」と思ったりした。でも皆さんも自分のこと考えてみたら、どこかおかしいところあるでしょう。

今筋肉ムキムキでブレイクしている武田真治さんが、伊集院光さんのTBSラジオ番組にゲストに出演していた。僕は武田真治さんてちょっと変わってるって思っていたが、やっぱり変わっていて面白かった。

武田さんはデビュー後体調が悪くなり、色々調べたら顎関節症になっていてそれが影響していろんなところが悪くなっていたと判明したそうだ。そして顎関節症を直すために筋トレを始め、今のムキムキになったらしい。すごく真面目でちょっと変わってる人だから、体調を維持するためにやり過ぎちゃってあんなにムキムキになった感じだった。

僕も顎関節症になったことがある。
武田真治さんはストレスで寝ている間も顎に力が入ってなったそうだが、僕はある日顎がカクカク音がするようになり、次第に口が開かなくなった。 ご飯のときは箸で口の奥に押し込むように食べていたが、さすがに
「コレはおかしいんじゃないか?」
と歯医者に行くと「口開かな過ぎて、指すら入らないじゃないですか!」とお医者さんに驚かれた。顎にそんなに力を入れることしたのかと聞かれ、しばし考えて
「そういえば最近『あたりめ』にハマって、毎日食べてます」
と答えたら「それです」と言われた。
僕の場合は武田真治さんみたくストレスじゃないから、あたりめをやめたら治った。武田さんと違って話は簡単だった。

え~と、なんの話だっけ?あ、そうそう。人は誰しも変わっているところがあるって話。そんなワケで10年前に買って、ほとんど使ってなかった寝袋を押入れからゴソゴソ取り出し、作業場のフローリングに敷いて寝てみた。 思い立ったらもう寝てみないと気が済まない性格。でも東京の12月の冷気が床から伝わってきて、朝までに何度も目が覚めた。

ダメだ、寒い~。

そういえばアウトドアではマット敷いて寝てる。つーことで次の日ヨガマットを敷いた。ヨガ用に買ったんじゃなくて、ランニング後に腹筋すると床が汗でビシャビシャになるので買ったやつ。

お、イケる!

でもまだ寒いので、冬に部屋で半纏(はんてん)替わりにしているシンサレートという化繊の綿が入ったアウトドアのジャンパーを着た。化繊だからガンガン洗濯機で洗える奴。

ほぼほぼオッケー。あとちょい寒い、尻が。

で、尻に薄いクッションを敷いた。するとなんと朝までグッスリ寝れた。そしてそのまま一冬越してしまった。
もう布団いらないじゃん!ってことになった。寝袋もジャンパーも洗えるし、乾燥機にもかけられる。起きたら寝袋を押入れにボスっと突っ込むだけだから片付けも楽だし、部屋が広く使える。今のところいいことづくめ。

あと腰が調子いい。僕は中学時代の野球で腰を痛めて、それからずっと風邪をひいたときや、突然グギッと来たりで腰が痛くなっていた。それが無い。 寝すぎたりすると腰が痛くなってたのも無くなった。いくら寝ても腰が痛くならない。寝るの大好き男なので、超ありがたや。

↑(学生時代のかせきさいだぁ氏)



自宅で寝袋男子、寝袋女子がもっと増えてくれると、自宅用寝袋ってのが発売されるだろう…っていうか欲しい。アウトドア用の高級羽毛がパンパンに入ってなくていいから、洗える化繊のシンサレートが入ってる寝袋。子供なんて喜んですぐ寝袋愛用しそう。ニトリとか無印から出してくれないものか。…つか探せばもうありそう。

さてそんな僕が以前にも居ても立っても居られなくなってやったことは、『ズッコケ三人組』シリーズ全巻読破。作者の児童文学者・那須正幹先生って凄い方で、子供向け本なのに社会派あり、SFありで大人でもすごく楽しめる内容。ちなみに全50巻。一冊読んだら止まらなくなって、数年かけて制覇した。

あと35歳のときだったか、原付のモンキー(小さいバイク)を買ったら居ても立っても居られなくなり、東京から実家の静岡まで帰った。一括払いで買ったモンキーで片道250キロ走り出し、10時間以上かかった。おもわず一夏に二回帰った。でも思い返すと、皆さんもこんなことあるでしょう。

まぁざっくり言うと、人生って長いのでヒマつぶしを沢山用意すると、色々楽しいでしょう。

Author Profile
かせきさいだぁ
かせきさいだぁ

‘95年にインディーズ盤『かせきさいだぁ』、翌年メジャー盤『かせきさいだぁ』を発表。音楽以外でも4コマ漫画『ハグトン』を’01年から描き続け、今ではハグトンを題材にしたアート活動にまで表現の場を拡げている。

‘11年、2ndアルバムリリースから13年ぶりとなる待望の3rdアルバム『SOUND BURGER PLANET』、‘12年9月には矢継ぎ早に4thアルバム『ミスターシティポップ』をリリース。‘13年8月には全曲アニソンカバーアルバム『かせきさいだぁのアニソング!! バケイション!』をリリース。

最新作は‘17年8月にリリースした5年振りのオリジナルアルバム「ONIGIRI UNIVERSITY」。

昨年10月にはEテレ「シャキーン!」のシャキーンミュージックに新曲「ミスターアクシデント」の書き下ろしと出演で話題に。

ソラミミスト安齋肇 さんとのアートユニット「アンザイさいだぁ」でも活躍中。
「寝袋男子」 - かせきさいだぁ -
column
Novel

「はぐれ者の小唄 」1回目- 小林早代子 -

小説家、小林早代子氏からはBUNCAオリジナルショートストーリをお寄せ頂けることに。本文のことには一つも触れずにその魅力をお伝えしたいの...
Photographer

「現実」がなければ、「写真」は存在しない- KeithTaylorBFA -

第1回BUNCAコンペティションPhoto部門「First Impact」にて審査員特別賞を受賞なさったKeithTaylorBFAさんがBUNCAに再登場です。写真とは、人...
Fashion

「19歳の初期衝動が“ビジネス”に変わるまで」 vol.2- SHUN NAKAGAWA -

ファッションディレクター、ショップオーナー、更には服飾専門学校の講師も務める中川 瞬氏がBUNCAに再臨。前回の記事にてノンちゃんが手掛け...
column
Staffblog

「BUNCA近況報告」- SEIYA SAKAGUCHI -

「BUNCA」のクラウドファンディング部門、統括ディレクター阪口(♂)から近況報告などについて書いたお知らせコラムになります。
Staffblog

第2回 BUNCAコンペが始まりました。- HIROMI KUROSAKI -

第2回BUNCAコンペがついに始動!今回はMusic部門で「生と死」を、Extra部門で「4コマ漫画」を募集します。何故この2種類になったのか、込めら...
Staffblog

「First Impact」〆切、からの…!- HIROMI KUROSAKI -

「ファーストインパクト」、Photo部門に引き続きPictrial部門も無事に締め切らせて頂きました。これでひと段落したかと思いきや…!? 次回...

『BUNCA』はクリエイター/芸術家を応援する
WEBメディアサイトです。