Genius P.J’s20周年 ~ライブ中のMCだと思って聞いてください~- kazz aka chamois -

ホーム Musician
11/30に渋谷wwwで20周年イベントを行うGenius P.J's。chamoisさんがラッパーの中でも断トツ孤高で唯一無二なの知ってました? 僕は知ってました。15年前から影響を受け続け、大尊敬するMCです。MC漢の自伝「ヒップホップ・ドリーム」にも登場するchamoisさんの貴重なバースにぜひ耳を傾けていって下さい。(BUNCA渡邊)

皆さんお元気でしょうか?
コロナというウィルスが世の中に蔓延して
少なくとも自分の関係する範囲で影響が
出始めたのが今年3月でしょうか。
プライベートにしても私の場合、
ガラっと環境が変わってしまいました。
そんな中、Genius P.J’s は2020年が20周年…
これがもし去年の事だったらなぁとか
思ってしまうことも正直あります。
でも『時』を『今その時』を早めたり、
後回しにしたりはきっと出来ないんですよね。

11/30 渋谷wwwにて私達Genius P .J ‘ s の
20周年イベントを開催します。
年始から現在まで色々予定が飛んでしまったり、
急な動きに色々と詰め込んだり、うまく事が
進まなかったりメインで動いている
クロダセイイチも大変かと思います。
サポートとしてどこへ行くにも、何をやるにも
長年付き添ってくれているドラムの祢津隼には
ほぼGenius P .J ‘ s としての動きをして
もらっています(まぁ、毎回なんですが)

今回出演していただける
『あらかじめ決められた恋人たちへ』
『Tomy wealth』『nego』
こんな状況にも関わらず2つ返事でした。
あら恋はクロダとの
約7年前の約束を果たすため。
トミーウェルスとnegoは彼等自身
どうかわかりませんが、友情という名の
フォローでしょうか。
実際トミーウェルスとエキーム(nego)には
私自身出会いからフォローされっぱなしです。
私が持ってるもので何か彼等が求めるものはある
のか?あれば返します。なければまたそのうち笑

あと2つ
今回の20周年を迎える中で数々の土台を
作ってくれた人達がいます。
その数も多く、オフィシャル的にも確認をとって
いないため名前等伏せますが、
これがなかったら話の始めで頓挫ですね。
とても感謝しています。

そして、今回の11/30のイベントにあたり、
状況的に何が起こるかわからない
未来の予定を抉じ空けさせて前売り券を
購入していただいた方達。
こちらから呼んでいるにも関わらず、自分で
チケットを購入していただいているゲストの
方々。お手数お掛け致します。
私、新しいタイプの人間
(古いタイプがそういう人というわけではないの
でニュアンスでイメージしてください)
ではないため、なぜか罪悪感を感じます。
とはいえ、ありがとうございます。

さて、今はけっこう当たり前と
なっているのでしょうか?配信ライブ。
コロナ渦という中でのとりあえずの対策なのか
な?でも、これは新たな時代にふさわしいような
気もするので今後主流となるのかな?
どういう風になって行くのでしょうか?
まぁ、そういうのも人々の『聴く』というレベル
を上げてくんだろうなと思います。

でもですね。
野性的な感じ方もとても良いものですよ。
音の振動を身体や肌で感じて
肉眼で動き、表情、空気をみて
イヤホンから解放された自由な耳で聴く
当日私達と皆さんの向かい合う前に
画面や線やフィルターはありません。
どうか楽しんでください。

それに際して、皆さん健康管理は
気をつけてくださいね。
私の家族も実はこういう時期なのでなかなか
ライブする事を認めてくれませんでした。
まぁ、娘も小さく、妻も喘息を持っているので
そういう責任も考えなければいけないですよね。
当日こちらはwwwスタッフやうちのスタッフと
連携して感染対策万全にしております。
ソーシャルディスタンス、その他のルールなど
お手数ですが、ご協力お願いいたします。

チケット若干まだ用意できるようになりました。
それと会場にて20周年限定の音源
20周年限定Tシャツなども販売する予定です。
是非、観てってください。
それでは11/30 Genius P .J ‘ s
20周年お待ちしております。
どうか楽しんでください。

ちなみに題名なんですが
『ライブ中のMCだと思って聞いてください』と
いうなんとも響きの良くない文言を付けました。
というのも今回20周年ということもあり、
なんとなく喋ろうかなと思っていた内容を
話すとGenius P .J ‘ s はライブで3曲程度しか
出来ないというイメージに達してしまいました。
というわけで『パンフレット』的な『はじめに』
的な感じで楽しんでいただければと思います。

追記
今年、4歳になる娘が2歳半頃から
『世界は赤くてもっと赤くなるんだよ』
(今でも言います)とか
『パパとママのお手伝いをするために生まれてき
たけど 本当は何のために生まれてきたかまだ
小さいからわからない』などと大人でもあまり
言わないような事をよく口にします。
そんな小さな娘の言葉に触発されて
書いていた詩がありまして11/30に御披露目
できればなんて思っているのはいるんですが、
なかなか詩が覚えれません。
どうしましょうかね?
ではでは

Genius P.Jʼ s
kazz aka chamois

<チケット予約>
e+ 
https://eplus.jp/sf/detail/3323960001

Genius P.J’s official shop
https://herecords.stores.jp









クラウドファンティングを立ち上げたい方はコチラから



その他、掲載中の記事は ↓コチラ↓ から

#Musician  #Fashion  #Photographer  #Novel  #Pictorial

#コンペ特集  #お役立ち情報  #スタッフブログ





Author Profile
kazz aka chamois
現在、Genius P .J ' s においてフロントマン
としてMICを持ち、
その空気と匂いを撒き散らす男である。

言葉を愛するが故に、
時にその詩は難解であるが、
本人曰くとてもシンプルなことしか
歌った事がないと公言している。
言葉から映像をイメージさせる事を重視し、
その空気感がGenius P .J ' s という色の
一端を印象付けている。

ソロワークとしてはGenius P .J ' s という
プロジェクトが始まる以前から活動を展開し、
2003年にINNER SCIENCEと共に主催した
レーベルONEOWNER Recordsより
ファーストソロアルバム 『transparents』、
そしてアナログ12inchシングル『求める』を
発表。これらの作品は唯一の全曲
INNER SCIENCEプロデュースにより、
現在もアンダーグラウンドHIPHOPシーンで
語り継がれる名盤と言われている。

その他Tomy wealth やnegoなどの作品にも
参加し、職人的な立ち位置で
その独自の色を残している。

本来chamoisという名前は
DJ JOMOとkazzというユニット名であり、
正式な名前はkazz aka chamoisという。

この記事に関連するコンテンツ

音楽と生きること

ビジネスとして音楽で生きる人。カルチャーとして音楽で生きる人。アートとして音楽で生きる人。ミュージシャン/音楽家と呼ばれる人にも音楽とのかかわり方は様々で、それらを選べる時代の中、マルチに活躍する作...
Genius P.J’s20周年 ~ライブ中のMCだと思って聞いてください~ - kazz aka chamois -
column
Musician

No Shortcuts Vol,7- 松下マサナオ -

Yasei Collectiveを始め、日本の音楽業界に無くてはならないドラマーのお一人である松下マサナオさんが、BUNCAで対談形式の連載中! 第7回目...
Musician

Genius P.J’s20周年 ~ライブ中のMCだと思って聞いてください~- kazz aka chamois -

11/30に渋谷wwwで20周年イベントを行うGenius P.J's。chamoisさんがラッパーの中でも断トツ孤高で唯一無二なの知ってました? 僕は知って...
Novel

「NOVELS WARS」 #9- 嶽本野ばら -

自分のやり方に問題があるのか。そんな作家志望者に小説の書き方を教える。皆さまがお待ちかねの嶽本野ばら先生の作家志望者への小説教室、待...
column
Staffblog

第6回 BUNCACompetition Fashion部門「デザイン画コンテスト」結果発表!- MAI TAKAHASHI -

お待たせいたしました!第6回 BUNCACompetition Fashion部門「デザイン画コンテスト」結果発表となります!今回は最後まで誰が入賞するのか分...
Staffblog

ありがとう、255さん!- MAI TAKAHASHI -

255さんの4コマ漫画の連載が完結となりました。約10ヶ月、本当にあっという間でした。255さん、ありがとうございました!BUNCAスタッフ...
Staffblog

私がBUNCAに入るまで- BUNCA吉原 -

9月からBUNCAの新人アシスタントとして働くことになった吉原。今回はその吉原がスタッフブログに初登場! BUNCAに入るまでの経緯を綴ってみ...

『BUNCA』はクリエイター/芸術家を応援する
WEBメディアサイトです。