No Shortcuts Vol.4- 松下マサナオ -

ホーム Musician
Yasei Collectiveのドラマーを始め、様々なミュージシャンのサポートなどを務める松下マサナオさんの対談連載4回目!コロナウイルス感染拡大予防の為、今回はリモートでの対談を行い、その様子を動画にて公開いたします!対談相手はシライミュージックの白井としみつさん!彼のルーツを探ります!

新型コロナウイルスの感染拡大予防の観点から今回はリモート対談を行わせて頂き、その様子をBUNCA公式YOUTUBEチャンネルにて公開させて頂きました!今回のゲストはシライミュージックの【白井としみつ】さん!これまでとはまた違った「No Shortcuts」をお楽しみ下さい!

「あとがき」

困った時に電話する相手はだいたい決まってる方なんです。俺すぐ甘える癖あるから、勝手にその中にカテゴライズされてる友人や先輩にとってはコイツ定期的に連絡きてウザ!ってそろそろなってると思うんです。

で、その頼れる大人カテゴリーの中の代表格が白井さん。(インタビューも断らずに気持ちよく引き受けてくれたことだし多分まだしばらく甘えられる!)

楽器屋さんだよ、しかも東京に店舗あるわけじゃない。なのに、”これから俺どうすればいいんすかぁ!?”くらいの事まで連絡してしまう存在。

そんな彼と始めてサシで、しかも本人の楽器屋としての生い立ちからこれからのスタンスなんかまで話したもんだから、少し変な気持ちになりましたよ、終わった後。

2014年のあの時、白井さんが俺の動画を見ていなかったら今どうなってたか。それはそれで覗いてみたいパラレルワールドではあるけど、絶対あのタイミングだったよな!と今回話して俺確信したっす。なんだか入り組んでるように見える音楽業界だけど、やっぱモチベーションがないと何もやれないよね。結局。

興味がある事見つけたら、それを必死に追っかけて欲しい。
今回のリモート対談、これから楽器に関わる仕事につきたいルーキーたちには是非見てもらいたですね。

対談者:白井としみつ
話し手:松下マサナオ
撮影/編集:BUNCA

対談者PROFILE

白井としみつ

1977年生まれ。愛知県豊橋市出身。楽器店 シライミュージック専務取締役。楽器メーカー キートガッキ代表。楽器・レコード店の子供として生まれ幼少期からドラムに親しむ。楽器店のドラム売り場に立つ店員をしながら、ヤマハポピュラーミュージックスクールのドラム講師をする生活をするものの、このまま愛知の地方都市しか知らないのはまずいと、山村牧人氏に習うため東京まで通う。山村氏の生徒だったピエール中野氏と出会い、SNSを使ってのドラム周辺の楽しさを一般に広げる活動を共に努める。地方の楽器店である強みを活かし、YouTube、Twitterなどを活用しての通販展開。そして、多彩なドラムセミナーイベントの開催。オリジナルドラムブランドShirai Keet Acoustic Drums 、キートガッキ の立ち上げなど、楽器店でできることの枠を広げるために活動中。

Twitter⇒@hyousaku
シライミュージック⇒@ShiraiMusic

Favorite Movie:
Roy Andersson 「Sånger från andra våningen」 (散歩する惑星)

Favorite Art:
Marc Chagall 「The Birthday」

Favorite Music:
坂本龍一 「Ballet Mécanique」

Favorite Book:
中沢新一 「カイエ・ソバージュI-V」

Favorite Photo:
荒木陽子, 荒木経惟 「東京日和」

====================================
シライミュージック
HP:https://www.shiraimusic.com/

〒441-8107
愛知県 豊橋市 南栄町字空池44-7
TEL:0532-46-4654

営業時間
10:00-22:00(日祝-21:00)
定休日 年中無休
(12月31日-1月1日のみ休)







クラウドファンティングを立ち上げたい方はコチラから



その他、掲載中の記事は ↓コチラ↓ から

#Musician  #Fashion  #Photographer  #Novel  #Pictorial

#コンペ特集  #お役立ち情報  #スタッフブログ





Author Profile
松下マサナオ
長野県飯田市出身。
17歳でドラムを始め、大学卒業後に渡米し、Ralph Humphrey、Joe Porcaro 等に師事。
現地の優れたミュージシャン達と演奏を重ねながら、2年間武者修行をする。
帰国後はストレートジャズからパンクロックまで様々なジャンルで活動。

2009年に自身のバンド、Yasei Collective を結成。

2012年に FUJI ROCKFESTIVAL 出演、2013年にはグラミー賞にノミネートされた US ジャムバンド、Kneebody との Wリリース・ライヴを実現。

2014年には日本を代表するドラマー、村上"PONTA"秀一氏率いる NEW PONTA BOX と異色のツインドラムセッションを行う。また同年、凛として時雨のドラマーであるピエール中野氏のソロプロジェクト『Chaotic VibesOrchestra』への参加。

2017年には、デビッド・ボウイ最後のドラマー、マーク・ジュリアナとツインドラムでの共演、ベニー・グレブやブレインフィーダーのルイス・コール等の来日公演でゲストアクトを務めるなど、海外との交流も深い。

2018年、NYレコーディングによるヤセイコレクティブ5枚目のフルアルバム"statSment"をリリース。同年9月にはリズム&ドラム・マガジン9月号の表紙を飾る。

2020年、豪華ゲストをフィーチャーしたヤセイ結成10周年のデジタルリリースシングル絶賛配信中。
Yasei Collective,Gentle Forest Jazz Band, HH&MM(日向秀和×松下マサナオ)
  二階堂和美、ハナレグミ、藤原さくら、東京03、バナナマン、cero、mabanua、kid fresino、前野健太、NakamuraEmi、日向秀和(ストレイテナー)、Toku 他多数
No Shortcuts Vol.4 - 松下マサナオ -
column
Novel

「NOVELS WARS」 #12- 嶽本野ばら -

人間はだれでも死ぬんだ。残された時間を小説に懸けろ。そこにお前の命の輝きがあるんだ。皆さまがお待ちかねの嶽本野ばら先生の作家志望者へ...
Novel

私達、癒し課に配属されました ~その② とら主任との別れ、ユキとの出会い~- 小早川真樹 -

猫が社員として在籍する「癒し課」のある印刷会社、しまや出版。代表取締役を務める小早川さんに「とら主任との別れ、ユキとの出会い」につい...
Photographer

「なぜ、写真なのか。なぜ、鉄工所なのか。」を自分に問いかけてみました。- 長谷川佳江 -

写真歴6年ながらも精力的に活動を続ける長谷川佳江さん。なぜ写真家としてカメラを選択したのか?なぜ鉄工所やそこで働く人々を撮り続けるの...
column
column
Staffblog

クラウドファンディング終了と開始のお知らせ!- BUNCA -

12月から開催されたクラウドファンディングのプロジェクトが無事終了いたしました!豊さんのプロジェクトはもちろん目標を大きく上回り、BUNC...
Staffblog

NEW BUNCA OPEN!!!- BUNCA -

BUNCAのHPがリニューアルオープン!SNS機能として簡単にクリエイターの情報を共有できるようになりました。会員登録がまだお済みでない方は、...
Staffblog

BUNCAより皆様へリニューアルに関するお知らせ- BUNCA -

BUNCA統括ディレクターの阪口(♂)から大切な皆様へHPの大幅なリニューアルに関するお知らせとなります。しかも今回はその第一弾!ということは...

『BUNCA』はクリエイター/芸術家を応援する
WEBメディアサイトです。

×
keyboard_return