kemono japan 「纏う変⾰世界 終焉と歪み」- I.P.U -

ホーム Fashion
国内だけではなく海外でも飛躍しているファッションブランド kemono japanのデザイナーI.P.Uさん。"アパレル業界の常識に囚われない"ファッションと音楽の新しい融合と変革世界を生み出していく。

想像⼒と追求は終わる事のない⼈⽣の冒険。
纏う変⾰世界。

kemono japan というブランドは終焉と再⽣を繰り返し年に1度 collection 発表を⾏っている。毎シーズン collection を designer I.P.U が伝えたいメッセージからデザイン独創的な造形をおこし、前衛的で独特な世界観を魅せている。

これまでのアパレル業界の常識に囚われず、⾃由に発表しているのも特徴的だ。
アパレル業界はとても窮屈な世界である。3⽉9⽉にプレタポルテ AW と SS の発表、更に細かく絞れば Paris collection メンズは1⽉6⽉、オートクチュール1⽉7⽉とcollection発表が決まりそれに合わせトレンドを決め展⽰会、発売を⾏っている。また展⽰会も特定の⼈のみしか⼊れずアパレル業界ならではのルールなどがありモデルの アジア⼈差別や消費者のターゲットを絞るのが現実だ。kemono japanはこのようなルールに縛られる事なくこれまでのアパレル業界の常識に囚われず、⾃由に発表しているのも特徴的だ。また着て頂く⽅に何よりも⾃由に表現して頂きたいという想いもある。

Designer I.P.U は幼少の時から疑問ばかりを感じて⽣きていた。
世の中が決めた理不尽なルールやしきたり、上下関係、狭い価値観に⼈種差別、永遠に終わらない戦争や争いに紀元前後からのインドのカースト制度、年齢差別に性別差別。そんな全てを変えたかった。せめて⽣きているなら美しい世界にしたい。醜い現実が受け⼊れられない。しかしそんな事を思っても何も変わる訳がない。鬱々とした幼少時代を過ごしていたが気づいた事がある。ファッションと⾳楽だ。もちろん両⽅好きではない⼈もいる。
しかし両⽅には⼈に⼒を与える事ができる。
誰しもが経験した事があるかもだが些細な事、お気に⼊りの服を纏った時の⾼揚感、戦いの纏い、親から⼦への愛情の纏い、特別な⽇の纏い、絶望からの救いの纏い、誘惑の纏いそれにより⽣きる⼒を貰ったものもいただろう。
古代より⼈は憎しみ合い殺し合いをしている。しかし古代よりファッションは⼈々の傍に終焉と進化と共にあるのだ。歴史を振り返る際纏いに惹きつけられた。
歴史と共に⼈の追求⼼により進化し形を変えながら⼈々の中⼼にあった。
繊維で隠すだけの時代それでも⼥は花をさす。きっと今の時代と変わらない想いだっただろう。ファッションは改⾰世界であり⽣涯の芸術なのだ。

上京し⾳楽活動している時 ある海外の collection に出会った。とても⾃由で独創的なメッセージそして残酷だが美しく涙がでた。それは神々が住む世界のように神々しいものだった。神が住む世界はこんな世界なのかと思えた。
何かの使命にかられるように⼀気にイメージが出てきた。そして今も新しい世界へと⾳楽と collection 発表にてメッセージを伝えている。



kemono japan の collection は⾳楽、演出をとても⼤切にしている。
だたありきたりな量産⾳楽を流しモデルが歩くだけの collection 発表は共鳴できない。
メッセージも魂も感じられない。ただのつまらない代物だ。
⾳楽もまたファッションと表裏⼀体である。

そして design において静と動をとても⼤切し⽴体裁断にて製作している。
⽣きる⼀つ⼀つの動作がアートなのだ。360度どの⾓度でみても美しく⾒えるように製図し またそのイメージ通りに⽴体やドレープ、⾮対称性を表現できる⽣地を選抜し製作している。着⽅が1パターンではなく何通りも適応できるようにもデザインされている。
視覚的に着る者の⾃由な表現をイメージし⿊を基調に collection 事に象徴ともいえる color を決めて発表している。 伝統ある⺠族⾐装に未来をイメージしてのデザインも⾏っている。
歴史を重んじ未来への進化と追求⼼を⼤切に製作されている。

「すべての⼈が主役で纏い⽣きるアートを表現してほしい。」
これは kemono japan の理念であり想いでもある。ファッションは最⼤の表現であり⽇々は芸術だ。
こうだからこうしないといけない、年齢が年をとったからもうきれない、男だから⼥だから、本当はこうしたいのに周りが、本当はこうしたいのに、やりたい事表現したいがあるの に固定概念や周りの中傷や批判により出来ない⼈が多いのが現実だ。いくつになっても個⼈が好きな表現が出来る世の中になってほしいと願う。
kemono Japan は designer I.P.U により今期から1作品に対して作品イメージの⾳に着目し両⽅で⼀つの製作していく予定だ。 ⽣きるのは必ず⾳がある。⽔の流れる⾳、物を切る⾳、叩く⾳、動く⾳、外の騒⾳、⾵の⾳、⾳との共鳴だ。⽣きる際に⽣じる歪み から作曲製作を⾏っていく。

そして新たにcollection発表、音楽リリースを今年予定している。









クラウドファンティングを立ち上げたい方はコチラから



その他、掲載中の記事は ↓コチラ↓ から

#Musician  #Fashion  #Photographer  #Novel  #Pictorial

#コンペ特集  #お役立ち情報  #スタッフブログ







Author Profile
I.P.U
名前 I.P.U
会社 kemono japan
略歴 アジアを中⼼にリリース⾳楽活動を経て2015年12⽉kemonojapanを設⽴。
これまでに海外 Vancouver collection にて show、
Paris collection にて展⽰会インスタレーション発表、
⽇本での渋⾕⻄武百貨店にて show を開催。
阪急うめだ、名古屋⾼島屋、渋⾕⻄武、ラフォーレ原宿にて期間限定店を開催。
ドイツのプログラミングマッピングのアーティスト Lichtpiraten が開催した⾹港での⾹港⼤館博物館 Tai Kwun でのマッピングショーの⾐装提供や国内メディア⾐装提供も⾏う。
HP⇒kemono-japan.com

Instagram⇒kemono.japan

Twitter⇒kemonojapan
kemono japan 「纏う変⾰世界 終焉と歪み」 - I.P.U -
column
Novel

「NOVELS WARS」 #9- 嶽本野ばら -

自分のやり方に問題があるのか。そんな作家志望者に小説の書き方を教える。皆さまがお待ちかねの嶽本野ばら先生の作家志望者への小説教室、待...
Musician

No Shortcuts Vol,6- 松下マサナオ -

Yasei Collectiveを始め、日本の音楽業界に無くてはならないドラマーのお一人である松下マサナオさんが、BUNCAで対談形式の連載中!第6回目の...
Fashion

19歳の“初期衝動”が“ビジネス”に変わるまで vol.9- SHUN NAKAGAWA -

ファッションディレクター、ショップオーナー、更には服飾専門学校の講師も務める中川 瞬氏の連載 第9回目!なんと…今回が最終回となります!...
column
Staffblog

BUNCAクラファンプロジェクト第一弾「ZINE」が間もなく終了となります!- SEIYA SAKAGUCHI -

「BUNCA」のクラウドファンディング部門、統括ディレクター阪口(♂)から皆様へ開催中の「ZINE」プロジェクトに関するお知らせです。10/31(土)...
competition

「デザイン画コンテスト」に関してのお知らせ- MAI TAKAHASHI -

現在開催中のファッションコンペに関してのお知らせです!「デザイン画コンテスト」の募集開催期間を、10月18日(日)から、11月3日(火)ま...
Staffblog

クラウドファンディングサービス開始!!- SEIYA SAKAGUCHI -

「BUNCA」の統括ディレクター阪口(♂)から皆様へクラウドファンディングサービス開始のお知らせ。最重要important(最重要)な内容になっています!

『BUNCA』はクリエイター/芸術家を応援する
WEBメディアサイトです。