「引き出しの中の盛り写真」-舞波ゆうり/三井瞳/増あすか-- 舞波ゆうり/三井瞳/増あすか -

ホーム Crowdfunding
ネット番組「盛りガール選手権」で毎週毎週「盛れてる」写真を撮って競い合う 3 名のグラビアアイドル(舞波ゆうり、三井瞳、増あすか)が、写真という形で自らのアイデンティティを表現し、残していくことについてそれぞれの想いを綴りました。

≪舞波ゆうり(まなみゆうり)≫
今のメンバーの中では一番古くからこの番組に参加しています。およそ5年前、芸能の仕事を始めたばかりで、右も左もわからない(今でもよくわかってない)私の貴重なレギュラー番組でした。
最初は、盛りテーマを聞いてもどうしたらいいかわからなくて、すぐカメラマンさんに「どうしたらいいですか?」と言っちゃって、その度に「自分で考えてみて」と返されて困ってしまいました。でもきっと、自分で考えて、自分でどうするか決めていかないと、成長しないんだろうなと思いました。



この写真は「超可愛く盛る」というテーマで撮りました。自分では自分のことを可愛いと思ってないし、でも精一杯可愛い子になろうとブリブリしました(笑)。



一方のこちらの写真は、テーマは「スケスケで盛る」なんです。服の腕の部分が透けてるってのもありますが、間接照明に当てている手の指が透けているように見えたり、髪の毛の一部もライティングで透けたように見えているかと思います。
こうやって、いろんなテーマごとに自分なりに表現力を増やせるように、知恵を絞る日々です。

≪三井瞳(みついひとみ)≫
私自身、「盛りガール選手権」を始めるまでは被写体になるのが苦手で、どうやったら自分がモデルとなっていい写真が撮れるかばかり考えていました。
そんな時、周りの人達は自分の個性を活かして写真を撮って貰っていることに気づきました。そして、振り幅が大きいほど色んな人に見つけてもらえるんじゃないかなと考えました。それからは私も、他のグラビアの仕事やコスプレの仕事もするようになりました。



例えばこの写真は「クールで盛る」です。普段はこういう格好はしないんですけど、自分の持っている服を組み合わせて、クールな人ってどんなポージングをするかなって調べて…こういう写真になりました。



こっちは「クール」とは真逆の「子供っぽく盛る」です。2つを比べたら結構振り幅があるかな…と自分では思います!
私は顔や身体に自信があるわけではないので、衣裳やポージング、特にシチュエーションを大事にしています。
内容を説明せず写真1枚でシチュエーションが伝わったら「やったー!」って思います。
テーマによっては悩むことも多いですが、閃いたときは自分の新しい可能性を見つけた気がして嬉しくなるし、その写真で大賞を獲ったら自信もつくので毎週楽しく考えています。

≪増あすか(ますあすか)≫
「自分をもっと好きになる」…私はグラビアタレントとして活躍するため、慣れ親しんだ大阪からこの春上京しました。大阪を離れる寂しさより、新しい環境で新しい自分に出会えること、ドキドキとワクワクで溢れていました。
そしてご縁があって「盛りガール選手権」のメンバーに4月より仲間入りして、約1ヶ月半が経ちました。
女の子がよく言う「この写真盛れた!」は、私も良く使う言葉で、写真を見てくれた方が 「綺麗」「可愛い」と言ってくれることで自信がつく。
最近では加工アプリが当たり前のように使われているため、簡単にみんなが”盛れる”けど 一眼レフ撮影、加工なしの盛り写真は正直難しい。
でもその分、衣裳やお化粧、角度や明るさによって色んな表情を見せれる写真を表現するのもこの頃楽しくなってきました。



この写真は「レトロで盛る」です。トラディショナルな赤チェックの服装、黒縁のダテ眼鏡で少し古めの女の子を表現してみました。普段の私とはだいぶ違います。



こちらは「ダンスで盛る」、チアダンスの経験が浅い女の子が、やってみましたとばかり、見よう見まねでダンスの振りをやってみた感じです。
写真として、どこが盛れているかということも大事なのですが、その写真から伝わってくるもの、その被写体にどんな背景やドラマがあるのか、そんなことも感じてもらえるような写真を送り出したいですね。
自分が納得いくまで撮影した写真を、褒めてもらえたり肯定してもらえることで、もっと自分を好きになることが出来る気がします。

≪最後に≫
私たちは、毎週毎週「盛る」ことに取り組み、その都度写真を残しています。写真そのものは、変わらず残っていきますが、その写真を最初に見たとき、1年後に見たとき、5年後に見たときに、違う印象を持つかもしれません。
無意識に引き出しに入れて積まれていった写真たちが、後に何か新しい感情をもたらすこともあるでしょうし、もし盛り方の手本として再度使えることがあるなら、まさに自分たちのノウハウの引き出しとして、キャパシティーをどんどん広げていけるでしょう。
これからもどんどん盛っていきますよ!


◇舞波ゆうり(まなみ ゆうり)
1997年2月17日生まれ 神奈川県出身
タレント、アイドルユニットなど様々な活動をしつつ、グラビアアイドルとして大成するべく頑張ります
≪ブログ≫ https://ameblo.jp/manami-yuuri/
≪ツイッター≫ https://twitter.com/manamiyu_ri

◇三井 瞳(みつい ひとみ)
1991年10月8日生まれ 群馬県出身
アニメ、コスプレが大好きで、身長139cmのちっちゃい体に夢いっぱい。パチンコ・パチスロ・競馬もたしなむマルチな女の子です
≪ブログ≫ http://www.diamondblog.jp/official/glassslippers/
≪ツイッター≫ https://twitter.com/hirahira_mitsui

◇増あすか(ます あすか)
1992年1月9日生まれ 大阪府出身
あざとい系女子を極めるべく、グラビア、バラエティで活躍することを夢にこの春上京。本格的にマルチタレントを目指して活動中。
≪ツイッター≫ https://twitter.com/masu_asuka

現在BUNCAにてクラウドファンディングのプロジェクトを開催中しているメンバーの皆様にそれぞれの「盛る」ことについてご執筆いただきました。

【概要】
「グラビアアイドルは写真が命!だから盛って盛って盛りまくれ!」がキャッチフレーズのニコニコ生放送の番組「盛りガール選手権」が、この6月に放送300回を迎えるにあたり、記念の写真展イベントを開催したいと考えました。

詳細はコチラから↓
URL:https://bun-ca.com/crowdfunding/production/22







クラウドファンティングを立ち上げたい方はコチラから



その他、掲載中の記事は ↓コチラ↓ から

#Musician  #Fashion  #Photographer  #Novel  #Pictorial

#コンペ特集  #お役立ち情報  #スタッフブログ





「引き出しの中の盛り写真」-舞波ゆうり/三井瞳/増あすか- - 舞波ゆうり/三井瞳/増あすか -
column
Novel

「NOVELS WARS」 #18- 嶽本野ばら -

作家:嶽本野ばら先生による小説家講座「NOVELS WARS」番外編!「がんばれ太宰くん#5」。因果島に向かう決意をした太宰、道中の吾妻橋で彼が...
Novel

「NOVELS WARS」 #17- 嶽本野ばら -

作家:嶽本野ばら先生による小説家講座「NOVELS WARS」番外編!野ばら先生の完全新作の短編小説「がんばれ太宰くん」。早くも第4回目となりま...
Novel

「NOVELS WARS」 #16- 嶽本野ばら -

作家:嶽本野ばら先生による小説家講座「NOVELS WARS」前回に引き続き番外編!読者へのお手本として野ばら先生自ら完全新作となる短編小説「...
column
column
Staffblog

クラウドファンディング終了と開始のお知らせ!- BUNCA -

12月から開催されたクラウドファンディングのプロジェクトが無事終了いたしました!豊さんのプロジェクトはもちろん目標を大きく上回り、BUNC...
Staffblog

NEW BUNCA OPEN!!!- BUNCA -

BUNCAのHPがリニューアルオープン!SNS機能として簡単にクリエイターの情報を共有できるようになりました。会員登録がまだお済みでない方は、...
Staffblog

BUNCAより皆様へリニューアルに関するお知らせ- BUNCA -

BUNCA統括ディレクターの阪口(♂)から大切な皆様へHPの大幅なリニューアルに関するお知らせとなります。しかも今回はその第一弾!ということは...

『BUNCA』はクリエイター/芸術家を応援する
WEBメディアサイトです。

×
keyboard_return