「毎日風景動画を投稿し続ける意味」- 至高の風景 -

ホーム 連載企画

-なぜ「至高の風景」を始めたのか

2021年3月現在、Twitterアカウント「至高の風景」を始めて1年と4カ月が経過しました。
大変幸せなことにフォロワー数が59,000人を越えるアカウントになり、毎日投稿をするツイートに対して数千のいいね!を頂けるまでに成長しました。始めからここまでTwitterユーザーの支持を得らえるとは考えてもいませんでしたが、いつしか風景を探して投稿していくことは自分自身のライフワークになっていきました。

Twitter「至高の風景」を知らない方に説明させていただくと、「至高の風景」は癒しや旅をテーマに世界中の風景動画をツイートしているSNSアカウントです。
投稿している動画は主に海、山、花、動物、アートなどになりますが、壮大な景色はスマートフォンの画面越しでもその凄さが伝わる内容になっています。

始めたきっかけは2019年12月、まだコロナウィルスが騒がれ始めた初期に世の中の不穏な空気を少し感じて癒しやいつか行ってみたいと思えるような投稿をしようと個人で思い立ちアカウントを作成しました。そんな空気を敏感に感じ取って自然に行動へ移せたのは今私自身が東南アジアのマレーシアへ移住して、森や海など自然が与えてくれる力を日頃から感じていたおかげかもしれません。
目に見えない物を信じる質ではありませんが、日本で都心のコンクリートジャングルに囲まれて生活していた時期に比べると心身ともに確実に健康的な生活をできている気がします。
現在運営は元同僚のWebマーケター、同居人、そして私の3人でアカウントで行っています。これはアカウント設立時と変わっておらず、いまは海外に居てもオンラインでミーティングやコミュニケーションを取ることができるのであまり不便さは感じません。人が一人でできることにも限りがあることは分かっていますので、アカウントを支えてくれる仲間には本当に感謝しています。


-至高の風景が伸びた背景

マレーシアは海に囲まれており、本島にもたくさんのジャングル地帯が存在して自然豊かな国です。またタイや隣国へのアクセスも簡単で世界屈指のLCC「エアアジア」の飛行機がマレーシアの空を飛び回っています。しかし以前は私が住むコンドミニマムからも昼夜問わず空港から飛び立つ赤い機体の飛行機たちを見ることができたのですが、今では数本にまで減ってしまいました。

私もここまでコロナウィルスの影響が長引くとは思ってもいませんでしたが、依然感染者が毎日出ていて世界中で旅行はおろか、ちょっとした外出すら気が引ける状況なのではないでしょうか。
感染者への差別や職や家を失った人達の貧困問題も浮き彫りになっていく中で「もし自分も感染したら」と人の心も不安に晒され続けて荒んでいってしまうのは当然のことの様に思います。人々は旅行や新しい風景を見る感動を渇望していて、そういった中で「至高の風景」が認知され、フォロワー数が伸びていったのかもしれません。

現在は朝・昼・晩と投稿を続けていますが、上記の様な理由からやはり風景を通してフォロワーにとって良いプラスになる動画を選ぶように意識しています。人と人とが罵りあったり、なんだか暗い曇った天気の風景を投稿しても見る側が不快になってしまってこのアカウントの主旨と違う様な気がするので動画選びにも注意を払う必要があるのです。たまに投稿した動画に対してフォロワーの方から「これはちょっと至高の風景らしくない」「さすが至高の風景」と返信を頂くことがあって、私以外の人の中にもブランドイメージが根付いていて嬉しいと思います。

-毎日投稿を続けていく意味

まだ日本にいる時に私はあることを目指して会社員としてマーケティングの仕事をしてきました。
それは消費者や自分が関わったサービスの利用者から「ありがとう」と言ってもらえる仕事をすることです。一見簡単なことの様に思えるかもしれませんが、お金を払えばその対価として高いサービスを受けられるのが当たり前の様になっている世の中で、シンプルながらとても難しいことだと個人的に感じていました。

今回「至高の風景」を続けている中で、嬉しいことに毎日の様に投稿したツイートに対して「綺麗な風景を見せてくれてありがとう」と言ってくれる方がいてそれは私が「至高の風景」を続けるモチベーションになっています。自分が好きなことをして、人から感謝されるというのは何ものにも代え難い喜びです。

現代社会において1日に人がスマートフォンを使用する時間は2~3時間だと言われています。人によってはもっと操作している時間が長い方もいるかと思います。ちょっと息をつきたいとスマートフォンでTwitterを開いた時に、癒しを感じられて明日に前向きになれる様な風景をこれからも探して投稿を続けていきたいと思っています。

毎日動画投稿をし続ける意味を教えてくれた至高の風景さんは現在BUNCAにてクラウドファンディングのプロジェクトを開催中です!

【概要】
“The traveler – 世界中を旅してストレスフルな社会を生き抜こう。”をテーマに、見ているだけで世界中を旅しているかのような風景動画や写真を世界中から探して投稿しています。今回はそんな至高の風景の運営にご支援いただける支援者様を募集いたします。

詳細はコチラから↓
URL:https://bun-ca.com/crowdfunding/production/21







クラウドファンティングを立ち上げたい方はコチラから



その他、掲載中の記事は ↓コチラ↓ から

#Musician  #Fashion  #Photographer  #Novel  #Pictorial

#コンペ特集  #お役立ち情報  #スタッフブログ





Author Profile
至高の風景
2019年12月から投稿開始。現在も毎日国内外の風景動画をツイートを続けている。
フォロワー数は59,732(2021年3月18日現在)
2021年2月から株式会社エイト(代表取締役:大野隼)https://eight-media.co.jp/へ事業譲渡。
Twitter⇒@Shikounofuukei@Shikounofuukei
「毎日風景動画を投稿し続ける意味」 - 至高の風景 -
column
Novel

「NOVELS WARS」 #13- 嶽本野ばら -

「ここで、読者への挑戦状——と坂口安吾ふうに」嶽本野ばら先生の作家志望者への小説教室、待望の第13回目が公開です!文末に野ばら先生から素...
Novel

私達、癒し課に配属されました ~最終回 サクレ、まよ入社~- 小早川真樹 -

猫が社員として在籍する「癒し課」のある印刷会社、しまや出版。代表取締役を務める小早川さんに「サクレ、まよ入社」についてコラムをご執筆...
Novel

私達、癒し課に配属されました ~その③ ちくわと4兄弟~- 小早川真樹 -

猫が社員として在籍する「癒し課」のある印刷会社、しまや出版。代表取締役を務める小早川さんに「ちくわと4兄弟」についてコラムをご執筆い...
column
column
Staffblog

クラウドファンディング終了と開始のお知らせ!- BUNCA -

12月から開催されたクラウドファンディングのプロジェクトが無事終了いたしました!豊さんのプロジェクトはもちろん目標を大きく上回り、BUNC...
Staffblog

NEW BUNCA OPEN!!!- BUNCA -

BUNCAのHPがリニューアルオープン!SNS機能として簡単にクリエイターの情報を共有できるようになりました。会員登録がまだお済みでない方は、...
Staffblog

BUNCAより皆様へリニューアルに関するお知らせ- BUNCA -

BUNCA統括ディレクターの阪口(♂)から大切な皆様へHPの大幅なリニューアルに関するお知らせとなります。しかも今回はその第一弾!ということは...

『BUNCA』はクリエイター/芸術家を応援する
WEBメディアサイトです。

×
keyboard_return